造形屋T2Cの日々の雑記

東京都日野市で特殊造形工房『A-L-C』をひっそりと営むT2Cによる日々のつぶやきだったり、ものづくりやランニングの記録だったり・・・。

特殊造形

5年目もあります

今年もあります!
円谷プロLSS様からのご依頼で
今年も参加させて頂いております。
明日からオンエアの『 ウルトラマンタイガ 』

2年ぶりに1話目の怪獣のギミックやってます。
最凶獣ヘルベロス。
更に『 ジード 』でギミック仕込んだ
時空破壊神ゼガンも再登場するらしい。
新規怪獣が少なかった昨年とは違い
今年は数体担当してますので
ご視聴よろしくです。

自作彫刻ツールの話③

フィギュアとかではなく
マスクとかやや大きめの粘土彫刻の初期段階でよく使う
10年くらい前に自作したヘラ。

E65CB591-026A-48AC-9BBB-05255DEB91DE

ウェンジというマメ科の広葉樹の一種で
フローリング材にも使用される強靭な木材。
自分の手に馴染む形を検討してから
バンドソーとグラインダーを駆使して形を出して、
ひたすら紙やすりで整えて、
ウレタンニスを何層も塗り重ねて完成。
昨年細い方の先端を更に細く改良して現在の形に。
お気に入りのツール
まあ最近は出番が無いけど


憧れたモンスターメイカー⑤〜RAY HARRYHAUSEN

今の仕事に興味を持つキッカケは人形アニメ。
小学生の頃に夢中だったプラモデルが
CMの中で動いているのを見て
人形アニメという技術を知った。
そして少しずつ映画の方に興味が湧いて、
1983年の「スターウォーズ」のTV初放送と
1984年公開の
「ゴジラ」「グレムリン」「ゴーストバスターズ」
で完全にこっちの世界にはまった。
たくさんのアーティストの中でも
当時憧れたのが RAY HARRYHAUZEN
TVで放送された
「シンドバッド7回目の航海」

「アルゴ探検隊の大冒険」
「恐竜100万年」
「タイタンの戦い」

などに夢中になった。

「地球から2千万マイル」

「恐竜グワンジ」

ゴジラの元ネタ「原子怪獣現る」
なんかは大人になってからようやく見た。
中学生の頃はハリウッドに憧れるのと同時に
「将来は東宝でゴジラを人形アニメでやるんだ」
などと夢見てた

結局違う形でゴジラには何本か参加したけど、
RAY HARRYHAUZEN の存在が無かったら
どうなってたのかな?




自作彫刻ツールの話②

粘土彫刻でよく使う
鋸の替え刃を利用した
大き目のレイクツール。
790ECB9E-BB2A-4A44-85AA-BDDCC822184F
使いやすくて便利なのだが
硬い粘土が相手だとたまに根元で折れるので、
接着とか半田付けで完全固定してしまうと
丸ごと作り直しに
なのでずいぶん昔の話だけど、
交換可能に自作にしてみた。

アトリエに転がってる
アルミの丸棒や丸パイプ、
真鍮の丸棒を加工。
3664FB68-AE47-461B-804E-0B29B76FD616
ねじを緩めると先端を外せるので
折れたらまた鋸の替え刃を曲げて作って交換すればOK
交換可能にしておくと便利だし
好みの形にカスタムできる
まあ、画像の上のアルミのグリップのヤツは
鋸の刃もゴツいのでそうそう折れない。
数年使ってるけど、
かなりガシガシやっても安心感たっぷり

憧れたモンスターメイカー④~JIM HENSON

憧れたモンスターメイカーとして外せない
JIM HENSON

いわずと知れた
『 セサミストリート 』『 マペット 』
の創造主で映画監督。
そして
JIM HENSON COMPANY
JIM HENNSONN'S CREATURE SHOP
創設者。
モンスターメイカーと言うよりは
キャラクタークリエイターかな。

個人的に好きな参加作品は
『 ラビリンス/魔王の迷宮 』『 ダーククリスタル 』
『 ジム・ヘンソンのストーリーテラー 』
『 ジム・ヘンソン・アワー/モンスターメイカー 』

直接絡んではないと思うけど、
生前にCREATURE SHOPが参加した作品であれば
『 赤いカラスと幽霊船 』

彼と彼の仲間達によって
アニマトロニクスという技術が
大きな飛躍をしたのは間違いないと思う。
彼の死後も CREATURE SHOP は
息子のBRIAN HENSONと共に
『 マペットのクリスマスキャロル 』
『 かいじゅうたちのいるところ 』
『 ジャック・フロスト/パパは雪だるま 』
『 ファースケープ 』

等素晴らしい作品で活躍中。

ジム・ヘンソンのように
カーミットやビッグバードのような
永く愛されるキャラを生み出せたら嬉しいな。
プロフィール

kakio_alc

奥山哲志
特殊造形屋/アニマトロニクス・クリエイター。
映画・TV・CMなどに使用されるキャラクターや小道具などの造形製作ならびに造形物を動かすメカニカルの製作をしております。
参加作品などは下記サイトでご確認ください。
https://alc.ninja-web.net/

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ