ちょこちょこと細かい仕事をしつつ
4月に読み終えた本の感想。


きつねのはなし (新潮文庫)
きつねのはなし (新潮文庫)
著者:森見 登美彦
販売元:新潮社
発売日:2009-06-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
初の森見作品。
これは面白かった。
京都の持つ怪しい雰囲気を存分に生かした
4つの怪異譚を収録。
それぞれ独立しているようで繋がっている。
オムニバスの映像化を希望。
その際には是非「けもの」「水槽の中のヤツ」
を製作したい。


NEWスパイダーウィック家の謎〈2〉ジャイアント襲来
NEWスパイダーウィック家の謎〈2〉ジャイアント襲来
著者:ホリー ブラック
販売元:文溪堂
発売日:2009-12
クチコミを見る



「NEWスパイダーウィック」シリーズの2巻。
子供向けだけど大人でも楽しめるライト・ファンタジー。
映画はヒットしたのかな?
T・ディテルリッジ が描く妖精はいつ見ても魅力的。
すでに出ている3巻を早く読まなくては。


かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
著者:万城目 学
販売元:筑摩書房
発売日:2010-01-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
「鹿男」のドラマに参加する際に原作を読んでから
はまってしまった「マキメワールド」。
「鴨川ホルモー」が特にお気に入りなのだが、
「かのこちゃん~」もとても素敵な作品。
所々笑えて最後にちょっと切なくてほっこりする。
映画化も決まった「プリンセス・トヨトミ」も早く読みたい。


太陽の塔 (新潮文庫)
太陽の塔 (新潮文庫)
著者:森見 登美彦
販売元:新潮社
発売日:2006-05
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
森見作品に再び。
「きつねのはなし」とは雰囲気ががらりと変わって
ダメ男の妄想炸裂するファンタジー?
ファンタジーなのか?
でも笑える。
といった感じの作品。
ちょっと「モリミ・ワールド」にもはまりそうだ。


白い猫
白い猫
著者:柴田 哲孝
販売元:徳間書店
発売日:2009-04
クチコミを見る
「KAPPA」・「ダンサー」の柴田ワールドの短編集。
えぐい描写の表題作やちょっと良い話からホラーまで
幅広く押さえた作品が並ぶけど、
全て動物がモチーフ。
有賀シリーズを思い出させる作品もある。


ケニー&ドラゴン―伝説の竜退治
ケニー&ドラゴン―伝説の竜退治
著者:トニー ディテルリッジ
販売元:文溪堂
発売日:2009-11
クチコミを見る
最近お気に入りの挿絵画家である
トニー・ディテルリッジが絵だけでなく物語りも担当。
のんびりとした村にある日突然ドラゴンが・・・
ってな感じの御伽噺。
登場人物は全て動物。
ケニーの乗る自転車がGOOD。
ディテルリッジさんの絵は良いな~。


武打星 (新潮文庫)
武打星 (新潮文庫)
著者:今野 敏
販売元:新潮社
発売日:2008-12-20
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
今野作品に初挑戦。
香港のアクションスターを意味する
「武打星」を目指す若者の物語。
舞台はブルース・リーが世を去って、
サモ・ハンやジャッキーやユン・ピョウがこれからという時代。
当然のことながらそううまくは話しが進まない。
主人公は端役から這い上がろうとする。
作者が実際に空手をやってるそうで、
なかなか臨場感のあるシーンも多い。
決して華やかなサクセスストーリーでは無いけど、
映像スタッフの目を除いても楽しめる作品なのでは?