造形屋T2Cの日々の雑記

東京都日野市で特殊造形工房『A-L-C』をひっそりと営むT2Cによる日々のつぶやきだったり、ものづくりやランニングの記録だったり・・・。

2013年12月

何となく大晦日

早いもので本日で今年も終了。

今年も色々ありました。
お世話になった方々と
今年あった新たな出会いに感謝。

当初は先週で仕事納めの予定だったのだけど、 
なんだかんだで昨日までバタバタと過ごすことに。
12月中旬に行われた忘年会のような呑み会を最後に
年末は不参加となってしまったけど、
まあ、そんな年もあるよねということで。

今年の思い残しとしては
個人の新作が1つも完成できなかったこと。
できたのは 『ボッソさん』 のバージョンアップと、
『這う虫』 のリニューアル(『ヌメロー化』)くらい。
未完に終わった作品を来年は完成させたい。 

思い出深いこととしては、
初めて自分主体でイベントに参加したこと。
いざ参加してみて、
自分のできることを普段とは別の業界にも
アピールしていくのはとても重要なことだと感じた。 
これはこれからも続けたい。 

来年も基本的には呑気に、
だけどやる時は頑張る的な感じで
楽しく過ごそうと思います。

皆様 来年もよろしくお願い致します。
 

不思議で魅力的な世界

先月の中ごろになるのだけど、
八王子市夢美術館にて行われていた

『ムットーニワールド からくりシアターⅢ』 

 を観てきた。

写真

10月に知ってから行くチャンスを伺っていた。
11月下旬にはバタバタするのが分かっていたのと
残り10日ほどで終了してしまうということもあり、

「今日行ってしまおうか」

と思い立ち、
ヨメと2人して八王子へ。
入場するとちょうどムットーニ氏本人が解説していた。
偶然にも御本人が来る日だった。
ラッキー

『からくりシアター』
と名乗るだけあって、
照明と音楽に合わせて人形やオブジェが動き出す
ストーリー性の高いオートマタの作品はとても見応えがある。
にぎやかに音楽を演奏するバンドや
SF風な世界観を持つ作品に
物静かで切ない物語を見せる不思議な世界。
箱絵のような作品はほとんどが箱自体も展開して
その世界を広げていく。
人形も箱から外へ踏み出してくる。
そして全ての作品が最後には必ず元の状態に戻っていく。
その正確さも凄い。
結構作品数があったのだけど、
そのどれもが印象深く面白かった。
こういう表現も有りだな~と物凄く刺激を受けた。
そしてやっぱり動く立体はとても楽しい
こんな風に心に残る作品を造りたいと改めて思った。

これを読んで興味が沸いたら
ムットーニ氏のサイトも是非覗いて欲しいです。

プロフィール

kakio_alc

奥山哲志
特殊造形屋/アニマトロニクス・クリエイター。
映画・TV・CMなどに使用されるキャラクターや小道具などの造形製作ならびに造形物を動かすメカニカルの製作をしております。
参加作品などは下記サイトでご確認ください。
https://alc.ninja-web.net/

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ