造形屋T2Cの日々の雑記

東京都日野市で特殊造形工房『A-L-C』をひっそりと営むT2Cによる日々のつぶやきだったり、ものづくりやランニングの記録だったり・・・。

2013年04月

3度目の水10!

告知です。

明日17日の22時から日本テレビにてオンエア開始の

水曜ドラマ『雲の階段』 

に特殊造形で参加中です。

2009年秋 『ギネ―産婦人科の女たち―』
2011年夏 『ブルドクター』
に続き3度目の水10枠。 
是非ご覧ください。 

(久々に)3月に読み終えた本

久々の更新。
ネタも久々な感じで。
3月中に読み終えた本の紹介。



ぶたぶた日記 (光文社文庫)
ぶたぶた日記 (光文社文庫) [文庫]

年明けに旧シリーズの第1巻であるこちら
 
  ぶたぶた【徳間文庫】 [文庫]

を読んで気に入ったので
新シリーズの第1巻である『ぶたぶた日記』 も読んでみた。
人間の妻子を持つ『山崎ぶたぶた』という名のぬいぐるみが主人公。
派手なストーリーは無いけど
とにかく 『ほっこり』 する。
『ぶたぶた』シリーズ良いなあ~。

思えば10年以上前に某プロデューサーから

「今考えている企画の中に、
生きているぬいぐるみの話ってのがあります」

と言われたことがあったけど、
もしかしてこれの映像化だったりして?
そうなら是非参加したかった・・・




トーテム 完全版〈上〉 (創元推理文庫)
トーテム 完全版〈上〉 (創元推理文庫) [文庫]
トーテム 完全版〈下〉 (創元推理文庫)
トーテム 完全版〈下〉 (創元推理文庫) [文庫]

映画『ランボー』の原作『1人だけの軍隊』の作者D・マレル
S・キングの吸血鬼ホラーの名作『呪われた町』
に触発されて「吸血鬼・人狼」テーマに書いた長編ホラー。
しかも『完全版』。
もともとはこちらに近い形で書かれた物を、
編集側の要望で短くスピーディな展開に変更し、
自分が中学生の頃に邦訳されてた。
その当時読んだの
がこっち。
     
  
トーテム (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション) [文庫]

これはこれでお気に入りホラー小説だったので、
『完全版』が出た当時はちょっと複雑な思いもあった。
今回読んだ『完全版』は
ボツにした元の原稿に手を入れて新たに生まれ変わった物。
『ハヤカワ版』に比べるとほぼ倍の分量。
「吸血鬼・人狼」テーマと言っても、
そこは忘れて読んだほうが「
○○○○パニックホラー」な感じで良いかも。

当然ながら『完全版』のほうが各キャラの掘り下げも深く、
短くするにあたり削除したり大幅な変更をした箇所も多い。
個人的に『ハヤカワ版』で
一番印象深かったシーンが無かったのが残念だが、
本来あのシーンは
『ハヤカワ版』のために付け加えられたか、
或いは『完全版』加筆段階で削除されたか。
気になるな~。

『呪われた町』に影響を受けたとされる作品は多く、
『トーテム』以外の自分が読んだ作品だけでも

奴らは渇いている〈上〉 (扶桑社ミステリー) [文庫]
屍鬼〈上〉 [単行本]

吸血蟲 (角川ホラー文庫) [文庫]


とどれも面白い作品ばかり。
キングの影響力って凄い。




売り込み (新潮文庫)
売り込み (新潮文庫) [文庫]

極貧生活から大成功をした脚本家の転落と
その後を描いたエンターテイメント。
600ページくらいあるんだけど、
あっという間に読み終えた。
富と名声が人生を狂わすのはよく使われるネタだけど、
充分面白い。
ダグラス・ケネディの他の作品も読みたくなった。


で、近況としては
近々また告知記事をアップ予定。
 
プロフィール

kakio_alc

奥山哲志
特殊造形屋/アニマトロニクス・クリエイター。
映画・TV・CMなどに使用されるキャラクターや小道具などの造形製作ならびに造形物を動かすメカニカルの製作をしております。
参加作品などは下記サイトでご確認ください。
https://alc.ninja-web.net/

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ